顎関節症

このようなお悩みはありませんか?
顎関節症
  1. 顎が痛い
  2. 音がする、違和感がある
  3. 顎が疲れる
  4. 口を開けられない

顎関節症とは

顎関節症とは顎の関節や顎を動かす咀嚼筋に異常がおこり、『顎が痛い』、『口が開きにくい』、『音がする』、『物が噛みにくい』といった症状が現れる疾患です。

原因

  1. 咬合の不良: 歯の噛み合わせが不適切である場合、顎関節に過剰な負担がかかることがあります。このような状況では、咬筋や顎関節周囲の組織にストレスがかかり、顎関節症の原因となります。
  2. ストレス: ストレスは咬筋の過剰な緊張や不快感を引き起こし、顎関節症のリスクを高めることがあります。ストレスによって咬合力が増加したり、歯ぎしりや歯ぎしりを引き起こすことがあります。
  3. 外傷: 顎の外傷や事故、口の周りの打撲などが、顎関節症の原因になることがあります。外傷によって顎関節や周囲の組織が損傷し、痛みや不快感を引き起こす場合があります。
  4. 咬筋の異常: 咬筋の異常や過剰な緊張は、顎関節症の原因となる可能性があります。これには、咬筋の過度の使用や過度のストレスが含まれます。
  5. 関節の異常: 顎関節自体の異常や変性、関節円板の変性、関節包の炎症などが、顎関節症の原因となることがあります。
  6. 生活習慣: 口呼吸、過度の咀嚼、不適切な姿勢などの生活習慣は、顎関節症の発生に影響を与える可能性があります。

症状

  1. 顎の痛みや違和感: 顎関節やその周囲の筋肉に痛みや不快感が現れることがあります。
  2. 顎の動きの制限: 顎を開けたり閉じたりする際に制限が生じることがあります。
  3. 音がする: 開閉時にクリック音やカクカク音がすることがあります。
  4. 顎のゆがみ: 顎が片方に傾いたり、中央に戻らなかったりすることがあります。
  5. 顎関節周囲の腫れや炎症: 顎の周囲に腫れや炎症が生じることがあります。

名古屋市中村区にある加納接骨院では、以下のようなポイントを守り、顎関節症の施術を行います。

加納接骨院の施術の特徴
  • 高性能 超音波エコーで顎関節を観察

    超音波観察装置(エコー)日立アロカF37

    超音波エコーを使用し、顎関節の変形、関節円板の状態を確認します。

  • 特殊電気治療と温熱療法で痛みを改善

    フィジオアクティブHV

    『ハイボルト』『マイクロカレント』『マイクロウェーブ』などの特殊電気治療に加えてホットパックなどの温熱療法も行います。

  • 痛みに応じたオーダーメイド施術、オーラルリハビリテーション、ストレッチ、姿勢改善、生活指導

    施術

    顎関節周辺の筋力強化、ストレッチなどを行います。
    また、不適切な姿勢が顎関節症の症状を悪化させることがあるため、適切な姿勢の維持や改善が重要です。姿勢改善のためのエクササイズやアドバイスも行います。