腰痛について

2024年04月2日

腰痛は、腰部の筋肉や椎間板、神経などの構造に問題がある場合に生じる症状です。腰痛の原因はさまざまで、以下のような要因が関与することがあります:

  1. 筋肉や靭帯の損傷:急な動作や長時間の不自然な姿勢などが原因となります。
  2. 椎間板の変性:椎間板がすり減ることで、腰椎と腰椎の間に圧力がかかり、痛みを引き起こします。
  3. 神経の圧迫:椎間板の脱出や腫れ、腫瘍などが神経に圧迫をかけ、痛みを引き起こします。
  4. 骨粗鬆症:骨密度の低下により、脊椎の骨がもろくなり腰痛の原因となることがあります。
  5. 疾患や病気:関節リウマチや脊柱管狭窄症などの疾患が腰痛を引き起こす場合があります。

腰痛の治療法には、以下のようなものがあります:

  1. 休息と運動:安静にして筋肉を休ませることも重要ですが、適切な運動やストレッチも腰痛の緩和に役立ちます。
  2. 薬物療法:痛み止めや炎症を抑える薬を使用することがあります。
  3. 理学療法:運動療法やマッサージなど、専門家による施術が効果的な場合があります。
  4. 手術:腰痛が重度で他の治療法が効果的でない場合に行われることがあります。

【加納接骨院での腰痛治療の特徴】

①原因を確かめるため、カウンセリングと徒手検査をしっかり行います。原因が椎間板に起因するものか、それ以外の筋肉や椎間関節などによるものかを鑑別していきます。
必要に応じ、提携先の医療機関でのレントゲン・MRI検査をご案内することもあります。

②当接骨院では『ハイボルト』『マイクロカレント』『プローブ』『超音波』などの電気療法を行います。プロアスリートも使用している医療器です。

③痛みに応じたオーダーメイド施術、運動療法、生活指導

痛みに応じた手技を行います。痛みが軽減した頃より脊柱側弯症治療に用いる「シュロス法」を応用した運動療法を行っていきます。椎間板に対して日常的に負荷がかからないようにする運動療法です。

腰痛でお悩みの方は是非一度ご連絡下さい。

関連記事